編集後記(?)

人を巻き込む力

【CASE6】『ハイジ』という生き方 尾庭恵子氏、難産の末生まれました(笑)

 

今回の主人公、尾庭恵子さんは、同業者の社長の奥さまという所からお付き合いが始まりました。

といっても、実際に会ったのは片手で数えるくらい。

一対一でお話させていただくのは、今回の取材が初めてかもしれません。

 

何故社長じゃないのに・・・?


 

細かい事を言いますと、彼女は社長ではありません。

なのに、なぜこのホームページにご登場いただかというと、このホームページの本当の目的は、

社長を紹介することではないからです。

言ってみれば、起業におけるメンタリティの参考になるお話を、身近なところから取り上げたい、

という事が大きな目的の一つです。

 

そういう視点で見た時に、彼女にはフォロワーが非常に多いのです。

人を巻き込む力を持っているわけです。

なぜだろう・・・と考えた時、自分としてはある事に気づきました。

結論から言うと、「人のために動ける人は、人からの応援を受けられる」という事です。

 

例えば、

「会社の売り上げを○億円にしたい!」

「キャンペーンに入賞するぞ!」

という目標を掲げたとします。

 

けど、それだけでは、その社長個人の夢。

そこにフォロワーが着くか否かは、社長個人の人間的資質に左右されます。

本当に自分の事しか考えない社長が、こういった目標を掲げると、周囲の人たちは、

それって、自分のためでしょ、とシラケムードが漂うことだってありそうです。

 

それが、

「会社の売り上げを上げることが、こんな人たちを苦しみから救う事になる」

という事を本気で考えている経営者は、周囲の人を巻き込む力を持ち始めるような気がします。

 

「本気で」というのが結構重要で、口だけできれいごとを言っても、周囲の人は敏感に察知します。

本心からそう思えるか。

人のどんな役に立てるかを考え、行動できるか、という所が人を巻き込む力と密接な関係があるような気がします。

 

そこの秘密を知りたくて、彼女に取材をお願いしました。

 

人を巻き込む理念


これは、例えば、企業の理念という所と強くかかわってくる部分じゃないかと思います。

起業当初は、自分のため、という強い想いが重要なことはあります。

一方で、周囲の協力を仰ぐには、そこに共感できる理念が必要なんだな、という気付きを感じます。

 

最近、私も柄にもなく、人を応援するような動きが少しずつ出始めました。

なぜか?と聞かれると自分でもよくわからないんですね。

けど、その人がやろうとしていることを聞いていると、

「あぁ、この人はもっと活躍する広い場所が必要な人だ・・・」

なんて生意気な事を思ってしまうわけです。

 

で、自分のところが中途半端なのに、ついついお手伝いをしてしまう(笑)

それは、良い事をしてるっぽい自分に酔ってるだけなのかもしれませんが、

なんだか役に立ちたくてしょうがないという感情がわき出てしまうのです。

 

人を巻き込む理念を持つ。

起業家にとって必要な資質の一つかもしれませんね。

 

d69901f98c7e0ca4e5be98bd05c561bb_s

関連記事

  1. 編集後記(?)

    マイナスをプラスに

    【CASE8】労務界の明治維新で過労死ゼロへ 下山純生氏をご紹介させて…

  2. 編集後記(?)

    現実に失望するか?現実を活用するか?

    【Case10】25歳にして借金70億円を背負った男 大崎大造氏をご紹…

  3. 編集後記(?)

    「種」はそこにある。

    今回ご紹介させて頂いた、【Case7】垣間見える小さな光を引き出す 若…

  4. 編集後記(?)

    2人の女性起業家に見る3つの共通点

    これまで、お二人の起業物語をご紹介させて頂きました。何人かに一…

  5. 編集後記(?)

    シャカリキにやるもよし、軽やかにやるもよし。

    【Case11】2度の起業を軽やかに実現 永田由香氏をご紹介させていた…

  6. 編集後記(?)

    原因ではなく、あり方を追求する事

    今回【Case5】ほころびかけた家族の絆を再生するために・・・でご紹介…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP