起業家物語

【Case11】2度の起業を軽やかに実現 永田由香氏

起業というと、歯を食いしばって、苦労して軌道に乗せる。
そんなイメージが色濃いのではないだろうか。

しかし、こんなに自然に事業をスタートさせた人もいる。

資格神話の崩壊

犬も歩けば士業に当たる!?

異業種交流会に参加すると、多くの士業の人たちに出会う。
税理士、弁護士、行政書士、司法書士・・・
その中でもとりわけ多いのが、社会保険労務士だ。

もちろん、そういった場に参加する人がすべて仕事を求めてきているわけではない。
とはいえ、多くの若手の士業の人たちは仕事がなくて困っている事も少なくないという。
国家資格さえあれば、仕事が向こうからやってくる時代ではないのだ。

自宅近くの”羽振りのよさそうな”ビル

今回の主人公、永田由香氏に起業のきっかけを聞くと、こんな答えが返ってきた。
「学生時代に住んでいた自宅の近くに、立派な士業事務所があったんです。
ずっとそこの事が気になっていました。
家でできる仕事らしいし、これだけのビルが建つんだから儲かるんだろうなぁと。」

彼女は、そのビルを「普通の保険屋さんだと思っていた」という。

後日、その事務所が、社会保険労務士事務所だと知ったとき、その資格取得をすべく勉強を始めた。

軽やかに起業・・・?

社会保険労務士として独立するには、大手の事務所で修行するのが一般的だという。
しかし、彼女の住む地では、お世話になれるような事務所はなかなかない。
つまり、経験を積む機会がないのだ。

たとえば、労働者と事業主の関係は生ものである。
いくら法律を学んだからと言って、バッサリと法律で割り切れる問題でもない。
だから経験は不可欠なのに彼女の住む地域には、そのような経験を積ませてくれる職場は見当たらなかった。

そこで彼女は考えのは、当時住んでいた熊本県の市役所で、労働相談員として働くこと。
相談員という以上は、比較的重い話が持ち込まれることが多い。
そんな中で、さまざまな相談に対応する中で、自分の知識と技術を磨いていった。

そして晴れて独立。
独立に際しては、数多の相談をこなしたおかげで、顧客に困ることはなかったという。
相談員としてのアドバイスの結果、数多くの顧客からの信頼を得た結果である。

夫の仕事の都合で大阪へ

熊本での事業が軌道に乗り始めたころ、夫の仕事で大阪へ転居する話が持ち上がる。
当然、彼女にとっては、難しい選択を迫られた。
地元に残るか、仕事を手放すか。
しかし、結果として熊本での事業は信頼のおける友人に譲り、自らは大阪でゼロからのスタートを決意する。

大阪では労働局、労働基準監督署の相談員を務めた。
と同時に、大阪南港の商い繁盛館という施設においての定期的なセミナーを開催。
雇用に関する相談の中でも、
●パートの活用を促し企業の利益に貢献する
●助成金の取得をサポートすることで企業の雇用の安定化に寄与する
●労働紛争における解決のサポートを行うことで労使の関係改善に努める
といったところにフォーカスを行い、活動を続ける。
現在はキャリアコンサルタントの資格を活かし、さらなる広範囲のサポート体制を整えている。

実質二度にわたる起業

さて、彼女のプロフィールをおさらいすると、実質2回の起業を行っている。
彼女を前に話を伺うと、その感覚は非常に軽やか。

「流されるがままにやってきた」

本人はそう笑うが、決して楽な仕事ではないはずだ。
というのも、労働者と事業者という、権利義務が対立しがちな関係の中を取り持つ仕事である。
感情的にもつれた両者の言い分を聞き、お互いが納得できる結論を導き出すのは並大抵ではない。
たんに、法律論を振りかざすなら、そこから導かれる結果は双方が満足できるものとなることは難しい。
型にはめて考えるのではなく、しっかりと双方の心情をくみ取り、絡み合った感情を解きほぐす。

そういった過程は、単純に「ビジネス」という割り切りでは出来ないものなのではなかろうか。

一目会うとわかるが、永田由香氏は非常に柔らかい印象の女性である。
とかく感情的になりがちな話し合いの中において、彼女のそんな印象は場を和ませる効果があるのかもしれない。

H4U

彼女が運営する、特定社労士法人オフィス永田では、H4Uを仕事の基本としている。
この言葉は、Heart For Youの略でもあり、4つのHを実現するという思いでもある。
4つのHとは、
HOPE(希望)
HAPPY(幸福)
HARMONY(調和)
HEART(真心)
の意味を持つ。

すべての組織に、希望、幸福、調和をもたらすために、真心をお届けする。

彼女にとって社労士の仕事は、あくまで手段の一つなのかもしれない。

特定社会保険労務士
特定非営利活動法人日本キャリア開発協会認定
キャリア・ディベロップメント・アドバイザー
厚生労働省認定
ジョブカード キャリア・コンサルタント
21世紀職業財団認定
セクハラ・パワハラ防止コンサルタント試験合格

永田由香 氏

H4U~特定社労士オフィス永田

 

 

ライター:田村薫

関連記事

  1. 起業家物語

    【Case6】『ハイジ』という生き方 尾庭恵子氏

    人の資質を一言で伝えることは、決して容易なことではない。それで…

  2. 起業家物語

    【Case8】労務界の明治維新で過労死ゼロへ 下山純生氏

    朝、目を覚ますと、セピア色の世界が広がる。視界は、霞がかかった…

  3. 起業家物語

    【Case7】垣間見える小さな光を引き出す     若林由香氏

    コツコツと固い殻を、非力なくちばしで何度もつつく。少しずつ殻が…

  4. 起業家物語

    【Case9】明日死んでも後悔しない毎日を送る~歯科衛生士が声優を目指した理由  狩野幸 氏

    ほんの数日前まで見えていた、心躍るような明るい未来が、一瞬にし…

  5. 起業家物語

    【Case3】家賃月額1,800円のアパートで、少年が見た社会の仕組みとは? 加藤弘幸氏

    取材が始まって5分とたたず、私はこのインタビューを設定したことを後悔し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP